ぎんとひめ

ぎんとひめ・シベリアンハスキーとアラスカンマラミュート・そり犬の日常生活日記。ぎんは2008年8月15日から、ひめは2016年8月9日から、虹の橋の向こうにいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ぎんとひめ

ひめちゃん
昨夕、虹の橋を渡って、彼方へ行った。
もうじき17歳と8ヶ月だった。
アラスカンマラミュートとしては、かなりの長寿なんだろうなぁ。

橋の向こうでぎんに会えたかなぁ? 
ぎんはむちゃくちゃ嫌がってるような気がするな。
「来よったわ〜 8年間の平穏な日々がぁぁぁ」 ってな感じ? 

ここ1週間ほど、ひめはもう食べ物を受け付けないし、そのうち水も飲まなくなっていった。
最後の数日は朦朧としてだんだんと反応がなくなっていった。
ここ1年ほどはひめのやりたいようにひめの負担が少ないようにしてきた。最後も特別な延命措置はしなかった。
でもひめは元々超健康体で体力があるから、最後のところでは自分で自分の体力を使い果たして尽きたところで逝ったんだろうなぁ。
ひめもしんどかっただろうし、見守っている家人もとても辛かったと思う。
ぎんのような突然死も辛いけど、徐々に衰えてゆくのを見るのも辛い。

ひめが逝った後、動物病院の看護師さんにひめの体をきれいにしてもらえた。
長い間お風呂に入れられなかったから、ひめも気持ちよかっただろうね。人sも気が楽になった。
今でもひめの被毛は相変わらずきれい。
予備の被毛服があるなら取っておきたいくらいだ。背中の毛はちょっともらったけどね。
この分厚い被毛のせいで、ひめの体が温かく感じる。
エアコンの風で長毛のオーバーコートが時折動くので、これまでと全く変わりないように思ってしまう。
201608hime-2.jpg

これは7月末の写真だけど、今とそう変わりない。
201608hime-5.jpg
ひょっとして? なんて考えてしまうし、いやいや と考え直した後がよけいに悲しい。
ぎんも寝てるみたいだったなぁ そういえば。


歳とってもかわいいなぁ 本当に。親ばかかもしれんけどね。
201608hime-3.jpg
御守りが今も護ってくれてるね。安心して橋を渡んなさい。


201608hime-4.jpg
明日、庭に埋葬しないとな。寂しいな・・・・


ぎんとひめ。
ぎんがうちに来たのは20年前。その3年後にひめ合流。
あんたたちがいたから世界で一番幸せな親ばかだったよ。
201608ginhime.jpg
(2006年12月清里にて)

ありがとう。See you!

関連記事
  1. 2016/08/10(水) 18:01:38|
  2. いぬ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/08/11(木) 21:59:22 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/08/10(水) 22:28:29 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tachimimi.blog86.fc2.com/tb.php/704-7f6b6521
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。